読書ノート

レイモンド・チャンドラー(村上春樹訳)『リトル・シスター』

チャンドラーの長編小説としては5作目、村上春樹の訳業としては3作目。旧訳では『かわいい女』というよくわからないタイトルがついていたが、今回原題に即したタイトルにあらためている。直訳すると『妹』になってしまうので、カタカナタイトルもしかたないだろう。 ほぼ巻末の村上春樹によるあとがき...

ダシール・ハメット(小鷹信光訳)『マルタの鷹』

理解できたどうかは別として少年時代に一度読んでいるはずだし、ひょっとしたら大人になってから一度読んだかもしれない。だが、いずれにせよ断片すら覚えておらず、真新しい気持ちで読むことができた。 きっかけはポール・オースターの『オラクル・ナイト』。この中で『マルタの鷹』のエピソードが引用...

Arthur Miller "Death of a Salesman"

読もうと思った直接のきっかけはこの前DVDでみて感動した映画 “Synecdoche, New York” の中で主人公 Caden がこの作品を演出するシーンがでてきたりもして、演劇好きとしてこの古典的な作品の内容を把握しておいた方がいいと思ったからだ。もちろん最初は日本語で読もうと思っていた。英語版を選んだのは、戯曲でセリフが中...

セルバンテス(牛島信明訳)『ドン・キホーテ(後編)』

前編『機知に富んだ郷士ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』の10年後に出版された後編は『機知に富んだ騎士ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』というタイトルだ。タイトルの変化は伊達ではなく、久しぶりに遍歴の冒険に繰り出したドン・キホーテ、サンチョ・パンサ主従をとりまく環境が大きく変わっ...

古川日出男『ハル、ハル、ハル』

長編小説かと思ったら中編小説が3つ。3編に共通するのは、房総半島が物語の舞台として登場すること、そして主人公が少なくとも客観的には「犯罪」といわれることをおかしてしまうこと。それも、単なる世間道徳や法というレベルを超えて、かなり普遍的にいやな気持ちになるような罪だ。そこには意味も...

ラッタウット・ラープチャルーンサップ(古屋美登里訳)『観光』

絶対に覚えられそうもない名前、アルファベットでは Rattawut Lapcharoensap。タイ系の名前だが、作者の国籍はアメリカ、作品も英語で書かれている。1979年にアメリカで生まれ、タイで育ち、大学からアメリカに戻る。なにからなにまでハイブリッドだ。ちなみに男性だ。 読む前は、勝手に、ハヌ...

ミランダ・ジュライ(岸本佐知子訳)『いちばんここに似合う人』

映像作家、パフォーマンス・アーティストという肩書きをあわせもつアメリカの多才な小説家ミランダ・ジュライの16編からなる短編集。 英語圏の小説家の作品の語り手はみんな目的意識が高いような気がしていた。たとえばスーパーマーケットに買い物にいくだけでも、よしこれからスーパーで牛乳1リット...

ポール・オースター(柴田元幸訳)『オラクル・ナイト』

「私は長いあいだ病気だった。退院の日が来ると、歩くのもやっとで、自分が何者ということになっているかもろくに思い出せなかった。頑張ってください、三、四ヶ月努力すればすっかり元気になりますから、と医者は言った。私はその言葉を信じなかったが、とにかく忠告には従うことにした。一度は医者た...

Kazuo Ishiguro "Nocturnes"

英語のペーパーバックを読み通したのは村上春樹の短編の英訳版に続いてこれが2冊目。読みやすいかと思ったけど、いきいきした俗語表現の意味をとるのにてこずった。 5作品からなる短編集。どれも音楽がテーマに関わっていて、1作をのぞいてはミュージシャンが主人公だ。 ヴェニスが舞台で、ベルリンの...

岸本佐知子編訳『変愛小説集II』

「恋愛」じゃなく「変愛」。編訳者によるあとがきから引用すると「愛にまつわる物語でありながら、普通の恋愛小説の基準からはみ出した、グロテスクだったり極端だったり変てこだったりする小説」を集めたアンソロジーの2集目。最初は当然のように1集目から読もうと思っていたが、たまたま本屋に置い...

サン=テグジュペリ(二木麻里訳)『夜間飛行』

20世紀に入って電気が都市の照明に使われるようになり、闇が光で満たされるとのと前後して、飛行機が空を飛び始める。しかし、これら二つの神秘の領域、夜と空が重なる、夜間の空は、長い間未踏の領域だった。この小説は、1930年前後、まだ危険だった夜間の空を、郵便機に乗って飛んだ、いわば開...

セルバンテス(牛島信明訳)『ドン・キホーテ(前編)』

<img src="http://i0.wp.com/ecx.images-amazon.com/images/I/51MNZKBHXDL.SL160.jpg?w=660” alt="ドン・キホーテ〈前篇3〉 (岩波文庫)” class="alignleft” style="float: left; margin: 0 20px 20px 0;”” data-recalc-dims="1” /> ドン・キホーテを知らない人はいないだろう。ディスカウントストアの名前にもなっているし、風車を巨人だと思って突撃したエピソードは誰しも子供の頃に耳にしているはずだ。ところが、実際に小説を読...

チャイナ・ミエヴィル(日暮雅通・他訳)『ジェイクをさがして』

13編の短編小説と1編のコミック(ミエヴィルは原作のみ)からなる作品集。 最初の数編はグロテスクなのだけが特長のホラーないしオカルトとしか思えなくて、ああ、これは間違えた本を買ってしまった、と後悔したが、読み進めるうちにだんだん楽しみ方がわかってきた。どちらかといえば目をそらしたく...

マイケル・サンデル(鬼澤忍訳)『これからの「正義」の話をしよう 今を生き延びるための哲学』

あなたは路面電車の運転士で、ブレーキがきかないことに気づく。前方には5人の作業員。待避線に入れば5人の命は助かる。だが、そちらにも作業員が1人いる。あなたはまっすぐ進むのと待避線に入るとのどちらを選択すべきか。あるいは、あなたは同じ事故を目撃している傍観者で、橋の上にいる。今度は...

村上春樹『1Q84 BOOK 3』

正直 BOOK 2 はあまり楽しめなかった。BOOK 1 では思う存分羽ばたいていた想像力の翼が、村上春樹自身がリーダーの預言に支配されたかのように、普遍化することの不可能な、青豆と天吾二人の特殊な愛の物語に縮まってしまったように思えたからだ。とはいえ、「BOOK 3はたぶんない」と書いたのにBO...

チェスタトン(南條竹則訳)『木曜日だった男 一つの悪夢』

無政府主義者憎しの一念でにわか警官に採用されたサイムは、偶然無政府主義者たちの幹部会議にもぐりこむことに成功する。議長である白髪の巨漢「日曜日」を筆頭とする7人のメンバーで構成され、サイムは「木曜日」と呼ばれることになる。そして、追いつ追われつの奇妙な追跡劇がはじまる&helli...

シャーロット・コットン(大橋悦子・大木美智子役)『現代写真論 コンテンポラリーアートとしての写真のゆくえ』

本書は、コンテンポラリーアートとしての写真を、×写真家を羅列するのではなく、×様式やテーマで分類するのでもなく、×歴史を通して語るのでもなく、○写真家のモチーフや製作方法で分類し、その世界の広がりを概観しようとした本だ。 とりあげられるモチーフは8つで、それぞれ章を構成している。 こ...

最相葉月『星新一 1001話を作った人』

<img src="http://i0.wp.com/ecx.images-amazon.com/images/I/511zAOf0GtL.SL160.jpg?w=660” alt="星新一〈上〉―一〇〇一話をつくった人 (新潮文庫)“class="alignleft” style="float: left; margin: 0 20px 20px 0;” data-recalc-dims="1” /> 読む本が、子供の本から大人の本へと移行する時期、ぼくも星新一の作品を手に取った。ショートショートの作品集はほとんど読んだ...

古川日出男『僕たちは歩かない』

そんなこといわずに歩こうよ、と最初思ったが、歩かないのにはそれなりのわけがあったのだ。 1日あたりの時間が2時間多い26時間制の東京。フランス料理のシェフになるという目標を共有し、それぞれの方法でそこにやってきた「僕たち」は、増えた2時間を使って修行に励む。しかし仲間の一人が事故で...

デイヴィッド・アンブローズ(渡辺庸子訳)『リックの量子世界』

SFのジャンルの中でも並行世界ものに特に目がない。タイムトラベルものだとどうしてもいった先の時代の描写とかタイムパラドックスの回避方法なんかに紙幅を費やしてしまうが、並行世界ものは純粋にアイディアを展開できるし、物語の自由度も高い気がする。2009年の終わりから2010年のはじめ...