指示代名詞と指示形容詞

指示代名詞

ここでは英語のthis, that, these, thoseに相当する言葉を紹介します。

実はフランス語ではこれらはすべて一語”ce“で表すことができます。

では、英語の教科書の一番最初に載っている文"This is a pen.“をフランス語で書いてみましょう。

C'est un stylo.

Ceが次のest(英語でいうとbe動詞)とエリジョンを起こして"C'est"になっています。

「これ」なのか「あれ」なのかを明示するには、それぞれ、“ceci”、“cela"を使います。「これはパイプではない」はフランス語では次のように書きます。

Ceci n'est pas une pipe.

ちなみに、これはマルグリットの絵のタイトルです。なお、celaは口語では”ça"といわれることが多いです。

これらは複数でも不変で、例えば最初の例で、ペンがいくつかある場合でも、

Ce sont des stylos.

となります。

指示代名詞をもう一つ紹介しましょう。“celui"です。単独で使うことはなく、deや関係代名詞を伴います。ここではdeを使った例をみてみます。

mon cahier et celui de
Paul(わたしのノートとポールのノート)

celuiは直前のcahierを受けています。

celuiは受ける言葉の性数によって変化します。

<td>
  単数
</td>

<td>
  複数
</td>
<td>
  celui
</td>

<td>
  ceux
</td>
<td>
  celle
</td>

<td>
  celles
</td>
性/数
男性
女性

指示形容詞

“ce"を「この」とか「あの」のように形容詞として使う場合を見てみましょう。

ce livre(この本またはあの本)

「この」なのか「あの」なのかを明示する場合には、

ce livre-ci(この本)
ce livre-la(あの本)

といいます。

なお、形容詞なので、もちろん性・数の一致を受けます。

cet hôtel(このホテル。男性名詞でも、母音・無声のhの前ではcet)
cette table(このテーブル)
ces pommes(これらのりんご)
ces oranges(これらのオレンジ)