Tag : "shiroyagi"

城山羊の会『ワクチンの夜』

2018年12月以来の城山羊の会。前回のときにしばらくおやすみといわれてさみしく思っていたが実は昨年末も公演があったらしい。教えてほしかった。 ワクチンをうった日の夜というのは考えてみると特別なシチュエーションだ。副反応の可能性があって多少のことは大目に見てもらえそうだしそれが一種...

城山羊の会『埋める女』

俳優が観客に語りかけるシーンからはじまる。演劇ではふつうのことだけど考えてみると不思議だ。それはこの舞台の上の空間でも不思議なこととみなされて、トラックの運転手ゆたかがする話——真夜中にヒッチハイクの少女をひろって……——は往来の通行人に向けて話しているということになり、ごく自然...

城山羊の会『相談者たち』

三鷹でやるときは恒例になっている劇場の担当者森本さんの前説はみがきがかかっている。でも拳銃で撃たれるシーンはなし。そう、今回は物語は比較的静かに飛躍なしに展開してゆくのだ。 50代の夫婦。不倫が発覚した夫がもちかける離婚にすすりなく妻。そこに帰ってきた娘。彼女は会社の先輩を一緒に連...

城山羊の会『自己紹介読本』

初対面でお互いに自己紹介し合うというのは演劇でとても重宝され多用されるシチュエーションだ。この作品は唐突な自己紹介からはじまり、玉突き的に紹介が連鎖していくという、そのことをパロディー化したような構成になっている。 ミサオが公園のベンチで誰かを待っていると、突然増淵という見知らぬ男...

Wけんじ企画『ザ・レジスタンス、抵抗』

演劇活動開始当初より「青年団の山内健司さんとは別人の」と名乗り続けてきた城山羊の会の山内ケンジ(本名は山内健司)が満を持してその青年団の山内健司とタッグを組む。主演は山内健司、その他の俳優陣も全員青年団だ。 主人公は排ガス不正が発覚した某ドイツ系自動車のディーラーに勤める中年男性。...

城山羊の会『水仙の花』

城山羊が三鷹でやるときにはつい期待してしまうが、今回も劇場の名物担当者森元さんが出てきて拳銃で撃たれてくれた。 城山羊の会はどの作品にも多かれ少なかれ暴力の香りを感じる。前作はリミッターを外しきった感じだったが、今回は血のにおいを花のにおいの裏に隠して、スタイリッシュになっていた。...

城山羊の会『仲直りするために果物を』

前作『トロワグロ』で岸田戯曲賞を受賞して満を持しての新作。 河原のオンボロ借家に住む貧しい兄妹のもとに大家がたまった家賃のとりたてにやってくる。その大家もこわもての不動産屋に金を借りていて切羽詰まっている。借家に大家、不動産屋、その水商売の彼女が集まって一悶着起こる中、近所に住む一...

城山羊の会『トロワグロ』

近所や取引先の人を招待してのホームパーティーが舞台。夜がふけてほとんどの客が帰り、残ったのは、ホストの添島夫妻のほかは、デザイナーの斉藤夫妻、たまたま同姓で病み上がりの斉藤雅人、トヨタの社員で遅れてやって来た田ノ浦のみ。あとから添島家のひとり息子が帰宅する。 いつもはけっこうマジッ...

城山羊の会『身の引きしまる思い』

二年前この三鷹で上演された『探索』につづいて、また劇場職員の森元さんが前口上およびそれに引き続いて殺される役で登場する。前回は戸惑いが感じられたが今回は楽しんでやっておられるご様子だった。 城山羊の会で一番好きなのは悪夢的なたたみかける不条理さなんだけど、今回はいきなり悪夢のシーン...

城山羊の会『効率の優先』

あるオフィスの一室が舞台。美人で有能な部長の下、多忙をきわめている部署だが、いろいろな出来事の連鎖で社員の間で互いの間の好悪の感情があちこちで噴出し、仕事どころではなくなっていく。やがてそれが痛ましい事件、事故につながっていくわけだが、それでも彼らは仕事を続けるためと称してそれを...

城山羊の会『あの山の稜線が崩れてゆく』

前作は架空の国の設定でリアリティが感じられず入り込めなかったのだが今回は現代日本の一般的な家庭が舞台。父、母、高校生の娘、の三人家族に、今日は家庭教師の先生(男)がきている。成績があがったお祝いにみんなで外食にいこうという話になるが、そこに予期せぬ訪問者がやってきて……。 ちょっと...

城山羊の会『スキラギノエリの小さな事件』

本多劇場の地下にある楽園という名の不思議な劇場。もともと飲食店だったものを改装したようだ。 スキラギノエリという架空の王国の王宮を舞台にした作品。妖艶な王妃、頼りない国王、問題児の王子、そこに異国から突然あらわれた家庭教師と、のっけからこれからどこへ連れて行ってくれるのかワクワクさ...

城山羊の会『探索』

作・演出:山内ケンジ/三鷹市芸術文化センター星のホール/自由席3200円/2011-12-03 19:00/★★★ 出演:石橋けい、牧田明宏、鈴木コウヤ、山口奈緒子、岡部たかし、岩谷健司、永井若葉、東加奈子、猪野学、本村壮平、(森元隆樹) リーフレットには「ほとんど不条理劇でないもの」...

城山羊の会『メガネ夫妻のイスタンブール旅行記』

作・演出:山内ケンジ/こまばアゴラ劇場/自由席3200円/2011-05-21 19:30/★★★ 出演:石橋けい、鈴木浩介、古舘寛治、永井若葉、本村壮平、大川潤子、岡部たかし 登場人物がみんなメガネをかけている。 長年飼っていた猫を安楽死させたばかりの夫婦。妻の方の嘆きが一様でなかった...

城山羊の会『微笑の壁』

作・演出:山内ケンジ/ザ・スズナリ/指定席3500円/2010-10-30 19:30/★★★ 出演:吹越満、東加奈子、岡部たかし、山本裕子、岩谷健司、金子岳憲、石橋けい、三浦俊輔 山内ケンジが本業の広告業界で見聞きした実話がベースとのこと。中年クリエイターの川嶋は若い律子と結婚するこ...

E-Pin企画10周年記念公演+城山羊の会『イーピン光線』

作・演出:山内ケンジ/駅前劇場/指定席2500円/2010-02-13 19:30/★★★ 出演:九十九一、渡部雄作、KONTA、岡部たかし、古賀清、渡部友一郎、鈴木コウヤ、本村壮平、安村典久、メイビ、綿貫正市、牧田明宏、主浜はるみ、金谷真由美、大地輪子、田上香織、山口奈緒子 やけに登...